2018-2019 受賞者インタビュー

04

屠 靖涵(Jinghan Tu)

中国

Next Generation 部門 組み写真 金賞

ー ニコンフォトコンテストに応募したきっかけは何ですか?応募に至るまでのストーリーや苦労を教えてください。

自分自身そして周りの環境を表現することが応募の主な目的でした。私の記憶では、締め切りギリギリでの応募でした。通知を受け取った後、言葉の壁とやりとりがあり、大変でした。

ー 受賞作品を撮った時のエピソードを教えてください。

男子学生二人の沐浴のシーンでは、最初は撮影を断られました。でも夏の暑さもあって、冷えたコーラ二缶と引き換えに、彼らは承諾してくれました。

ー 受賞後、ご自身のキャリアなどに変化はありましたか。

受賞後は、ニコンの助けのもと、海外の優秀な写真家や展覧会企画者と交流する機会に恵まれました。写真業界でもある程度の露出を獲得できましたし、今後も撮影という道を歩む決心をより強固にしました。

ー 最近の活動について教えてください。

以前からずっと自分の故郷を撮りたいと思っています。これは「芳華―青春のとき」を撮る前から温めている計画です。

ー 応募者へメッセージをお願いします。

カメラを手に取る理由は人それぞれです。皆さんが様々な撮影ジャンルに幅広く触れると同時に、深く関心を持てるテーマが見つかることを願っています。

ー あなたにとって「写真を撮る/動画を撮る」とはどういう意味を持っていますか。

私にとって、撮影は一種の生活スタイルです。それは世界を知る手段であり、同時に写真以外の様々な分野での進歩を私にもたらす方法でもあります。

PAGE TOP