2016-2017 審査結果

グランプリ

田 园园

中国

コメント

ニコンフォトコンテストに参加することができ、嬉しく思います。
また、この度受賞のお知らせを受けまして、驚くと同時に大変光栄に思います。
ニコン及びコンテストの運営事務局並びに審査員に感謝の気持ちを申し上げます。
私はこれからも撮影を続けてまいります。

審査員コメント
ネヴィル ブロディ
審査委員長

この壮大かつパワフルなイメージは、グローバル化する気候変動およびに汚染物質を発する工業的環境の課題を見る者に突きつけている。また、白と黒だけの構成により、その表現は強い緊張感を伴い、より感情に訴える。鉄工場の場内には帯重なる外光が差し込み、作品の一角に見える暗闇から波打つように発される煙のなかで労働者たちがシルエットとなって写し出されている。工場の扉の向こうに写る木々や葉は、この過酷な環境の横にもろくて貴重な自然があることを伝え、それらが危機的状況にあることを語りかけている。この光景は世界のあらゆる場所で起きている現状であり、この瞬間にもヨーロッパ、アメリカ、アジア、アフリカで起きている。

この作品は、明暗法を用いた宗教画の一シーンのように、光と影がストーリーを見事に構成していて名画家ゴヤ、カラヴァッジオ、ヴェロネーゼたちをも連想させる。光が描く斜線は作品全体のフレーミングを構成する一方で、煙の裏に隠されたドラマをも写しだすこのシネマチックなフレーミングと構成は、とてもルネッサンス的でもある。扉の近くで休んでいる労働者は暗闇に吸い込まれていくようでもあり、中央に見える持ち上げられた工具がかがみ込むような姿勢で働く労働者たちを強調している。入口に置かれた唯一の扇風機は場内に漂う大量の煙を追い出す機能は全く果たせていない。

美しく、ドラマチックでパワフル。全審査員が、部屋に大判出力したものを飾りたいと思わせる力が備わった作品であった。

PAGE TOP